鍼灸サロン 小さなオアシス  TEL.050-3702-2750

吸玉・カッピング

(むくみ、セルライト、デトックス)

吸玉・カッピング

(むくみ、セルライト、デトックス)

HOME | 単体メニュー | 吸玉・カッピング(むくみ、セルライト、デトックス)

吸玉について

 
吸玉
吸玉漢方アロマ入りマッサージ剤を塗ったお身体に、吸玉をくっつけたりスライドさせたりする施術で、デトックスに向いています。他のメニューはお肌に対して押す方向の力が加わるのに対し、吸玉は筋肉ごとじわじわと吸引される反対のベクトルなので独特の感覚を味わうことができます。
お着替えはこちらでご用意しております。
 
吸玉(「カッピング」「吸角」とも)は現代ではアスリートが疲労物質を排出するのに使われるなど、メディアで目にすることも増えてきましたが、鍼灸の一部として発達してきた歴史があります。
中国の伝統的な手法では陶器性やガラス製の吸玉を炎で真空状態にし、鍼で小さな穴をあけた身体に付けることにより、過剰な血液〝瘀血(おけつ) を排出することを目的としています。血の滞りが多い所ほど出血量は多く、色も濃くなるそうですが、当院では日本人の体質を鑑み出血させる吸玉は行いません。中国の方は強い刺激が向く方が多いですが、日本人は優しい刺激が合う方が比較的多いのです。そのため、柔らかに吸いつくシリコン製吸玉をスライドさせ広範囲の施術をしたり、また、特に流れを良くしたい箇所には吸引させたりしていくことで、身体の奥深くの瘀血を吸い上げ排出させます。
吸玉は、同じように瘀血に働きかけるカッサよりも、更に深部にじっくり働きかけます。施術後の揉み返しがカッサよりも起こりにくいので、スポーツをされる方も取り入れやすいと思います。
東洋医学では、瘀血が固まると西洋医学でいう動脈硬化や脳卒中、がん、筋腫、不妊の原因等になると考えられています。お肌に吹き出物等できやすい方、日々頑張っていて全身ひどく疲れている方、身体の芯からデトックスしたい方、巡りが気になる方、冷えが気になる方、マッサージ施術を受けてもすぐに凝り固まってしまうタイプの方など、この瘀血を除くことで改善することがあります。前述のように、肉体疲労、肩こり、腰痛にもお勧めします。
カッピングはバラエティーショップ等でも販売されていますが、肩甲骨が柔軟でない方はご自身で背中や肩など付けるのは難しいですし、セルフマッサージではどうしても不必要な力がかかってしまいます。芯からのリラックスにはつながりにくいので、セルフケアで不足している部分を補いたい方にもおすすめします。

施術料金について 60分:9,000円(税込)

施術料金について

60分:9,000円(税込)

●口コミを投稿していただいた方には、次回最大3000円引き致します。
詳細はブログ記事をご覧ください。
●誕生月は何回ご来院いただいても、その都度1000円引です。
●上記割引併用可能

使用する道具

 
当院ではヒンヤリ感が少なく肌当たりの優しい、シリコン製の吸玉を使用しています。
ガラス製の方が強力ですが、万が一微細なヒビや欠けがあった場合患者様のお怪我につながるので、それを回避できます。

施術の流れ

1.問診

初診の方は30分~1時間前後、カウンセリングと体質・施術内容の説明をさせていただきます。2回目以降の方は前回からのお身体の経過や、当日の症状をお伺いします。

2.お着替え

施術着にお着替えしていただきます。施術を開始してからお申込み分数の施術をしますので、急いでいただく必要はありません。足湯をしてからベッドに移動します。

3.施術

脈や舌の様子を確認させてもらい、施術開始です(常連さんだと開始まで5分程度です)。
うつ伏せだと特に、マスクをしていると息苦しく感じられることがありますので、そういう時は外してくださって構いません。
施術中お休みになられる方も多いです。お身体の向きを変える時などはお声がけしますので、リラックスしていてください。

4.施術終了後

生活面での改善方法や、次回ご来院の目安等をお伝えします。
施術後は巡りがかなりよくなっているので、すぐに素早く動こうとすると立ちくらみのような症状が出る場合があります。ゆっくり起き上がっていただき、お支度ものんびりで構いません。ハーブティーをお出ししているので、よろしければ召し上がってからお帰りください。

院長よりメッセージ

お肌に吸玉がくっついている写真を見て「真っ赤になるほど吸われて痛そう」という感想を持たれる方も多いのではと思いますが、意外なことに、筋肉ごと持ち上げられている感じで気持ちが良いんです。吸い付かせて悪いものを浮かび上がらせ、そのままスライドさせて流すことができるのが利点です。
私の場合は顔に炎症性の肌荒れが出てきたら、背中に吸玉をするようにしています。そうすると痕が消えるのと一緒に吹き出物が静まっていきます。

出血・皮下出血について

 
吸玉

※吸玉の皮下出血例

吸玉は瘀血(余分な血)を取り除くための施術ですので、ほとんどの方に発赤や皮下出血が出ます。毒素の多い場所には濃い赤紫色で少ない所にはピンクっぽい色をしています。また、背中・肩は特に痕が現れやすく、腕やふくらはぎの痕はついたとしても短期間で消えやすいです。見た目は痛々しいですが触っても痛みはほぼありません。
 
嫌だな、と思われる方が多いのではと拝察しますが、出血や皮下出血は東洋医学的にも西洋医学的にも決して悪い現象ではありません。むしろ細胞の回復が促され、身体にとってはプラスに働きます。
健康で柔軟性に富んだ血管は簡単には傷つきませんが、組織の弱っている血管は破れてしまいます。東洋医学ではこの皮下出血は「過剰な血液が出てきた」と捉えられ、中国や韓国ではデトックス作用を目で確かめられるので喜ばれる現象です。数日~ 2週間ほどで元より強い血管や組織に生まれ変わり、施術を重ねていくと出血しにくくなっていきます。
 
出血や皮下出血は東洋医学でいう実証タイプの方(滞りが起きやすい方)、栄養の偏っている方、運動不足の方、タバコを吸われる方、高血圧の方、甘味や炭水化物を多く召し上がる方、血液をサラサラにする作用のある薬を服用している方などは出血が起こりやすいです。
 
吸玉については吸引力を弱めソフトに施術することも可能なので、どうしても皮下出血を避けたい場合はおっしゃってください。ただし、それでも皮下出血を 100%起きないようにする保証はできませんし、デトックス効果は劣ってしまうことをご了承ください。ご心配な方は、衣服で隠れやすい部分で試してみるのも手だと思います。  
 
 

患者様へのお願い

 
まれに施術後ぼ~っとするなど「好転反応」がみられることがありますので、お時間に余裕のある日のご来院をおすすめします。
妊婦さん、産褥期、病後すぐの方、出血しやすいご病気の方には向かない施術です。
当日は激しい運動や長風呂、多量の飲酒や刺激の強いお食事はお控えください。
血管がもろくなりやすいご病気の方、血液が固まりにくいご病気の方、血液をサラサラにするお薬を飲んでいる方、お肌の痒みが出やすい方、マッサージ剤でお肌に異常が出たことがある方は事前にお知らせください。使用する道具を変更するなどして対応いたします。