鍼灸サロン 小さなオアシス  TEL.050-3702-2750

鍼灸

(自然治癒力・免疫力向上、ホルモンバランス、自律神経調整)

鍼灸

(自然治癒力・免疫力向上、
 ホルモンバランス、自律神経調整)

HOME | 単体メニュー | 鍼灸(自然治癒力・免疫力向上、ホルモンバランス、自律神経調整)

当院の鍼灸について

 
鍼灸治療
鍼灸治療漢方アロマのミストを浴びながら、鍼灸施術を受けていただくメニューです。
当院では体質改善、特に女性のお悩み改善に力を入れていますが、ほとんどの方は一つだけではなく、複数の症状がお身体に出ています。東洋医学は人の身体全体を診て治療するので、様々な心身の不調解消に向けてに取り組んでおります。
 
院長自身、若いころから肌や婦人科のトラブルをいくつか経験し、妊娠・出産について不安をかかえておりました。鍼灸と出会い身体が変わる喜びを知り、
だからこそ、患者様に寄り添った応対、施術を心がけております。初めての方には施術前に使用道具、好転反応などについて説明し、ご理解のうえでご利用いただいております。痛みや火傷が怖くて嫌煙していた方、揉み返しがきやすい方にもおすすめします。
また、東洋医学が初めての方にもきちんと説明できるよう、独自で説明書を作り、情報収集や勉強を重ねておりますので、お困りの症状についてお聞かせいただければと思っております。
 
なお、女性に多いお悩みに特化した目的別コースもご用意しております。以下の症状がメインの方はコースを、泌尿器・内分泌などそれ以外の症状でお困りの方はこちらのメニューでご予約くださればと思います。
産婦人科領域: 妊活鍼灸コースマタニティ鍼灸コース産後鍼灸コース子宮活鍼灸コース
胃・腸など消化器トラブル:腸活鍼灸コース
冷え症:温活鍼灸コース
筋肉の凝り・痛み:コリほぐし鍼灸コース
ダイエット、痩身:ダイエット鍼灸コース

施術料金について 60分 9,000(税込)

施術料金について

60分:9,000円(税込)

 学生(大学生・専門学校生など):6,000円(60分)
当院の鍼灸メニューと同じ施術内容になります。学生証をお持ちください。
高校生:30分2,500円(税込)
中学生:20分1,500円(税込)
中高生は基本的に成人よりソフトな施術になります。ご自身で症状を詳しく説明できるお子様は、初診からお一人でお越しくださっても大丈夫です。
小学生以下は「小児鍼灸」ページをご覧ください。

●口コミを投稿していただいた方には、次回最大3000円引き致します。
詳細はブログ記事をご覧ください。
●誕生月は何回ご来院いただいても、その都度1000円引です。
●上記割引併用可能

使用する道具

 
鍼灸には様々な種類の鍼やお灸があり、見た目も使い方も異なります。以下の中から体質や症状、部位によって使い分けをします。
身体に刺入する鍼はまつ毛~髪の毛程(注射針の5分の1以下)の太さのもの、
軽く叩いて振動を与える鍼、お肌の表面を転がす鍼、身体に触れる鍼
火が身体に触れない構造のお灸、箱にお灸を入れてじんわり温めるもの、ローラー型の筒に入れて転がして広範囲を温めるもの、お灸を身体から数センチ離してかざし遠隔的に温めるもの
また、アルコールでかぶれてしまう、お灸の煙が苦手、鍼を刺すのが怖いなど、おっしゃって頂けましたら代替品にて対応いたします。

東洋医学と西洋医学

 
鍼灸は局所的にも、全身にも作用します。
西洋医学的理論からも複数の学説が唱えられ、鍼灸の効果を裏付ける根拠となっています。端的に言いますと、施術部位の血行を促進し回復力を高めます。また、神経の興奮を抑え鎮痛し、自律神経のバランスがとられ内臓も健康的にします。そしてリラックス効果があり、精神面の安定にもつながります。
一方、東洋医学は西洋医学では説明できない部分もあります。たとえば頭痛のツボが腕にあったり、逆子のツボが足にあったり、科学的には見えないかもしれません。しかし、効果がない療法が何千年にわたって存続するでしょうか?近年では、西洋医学で対処できない「原因不明の不調」や「未病」などをアロマ、ハーブ、アーユルヴェーダ、漢方薬など伝統療法が補完するのが世界的潮流になっています。
当院では東洋医学理論の施術をしますが、鍼灸師はそれぞれ、理論や手技は異なり、その多様性が許されるのが鍼灸の良い点と考えます。他の施術が合わなかったからと諦めず、ご自身にベストな鍼灸師さんを見つけていただければと思っております。
 
参考までに、WHOは以下の疾患に対する鍼灸治療の効果を認めています。( 1996年)
慢性副鼻腔炎、扁桃摘出後疼痛、急性扁桃炎、咽頭炎、喉頭炎、気管支喘息、仮性近視、抜歯疼痛、下痢、過敏性腸症候群、便秘、腎石疼痛、胆石、胆石疼痛、胆道回虫症、胆道ジオキネジー、狭心症を伴う虚血性心疾患、高血圧、低血圧、不整脈、白血球減少症、テニス肘、頸部筋筋膜炎、頚椎炎、上腕肩甲関節周囲炎(四十肩・五十肩)、慢性関節リウマチ、変形性膝関節症、捻挫、打撲、頭痛、偏頭痛、緊張性頭痛、坐骨神経痛、腰痛、ヘルペス後神経痛、三叉神経痛、遺尿症、尿失禁、尿閉、メニエール症候群、神経循環性無力症、月経困難症、分娩の誘発、月経異常、女性不妊、男性不妊、 ED、肥満、片麻痺、うつ病、アルコール中毒、薬物中毒、術後疼痛。
その他、麻酔、アレルギー疾患や禁煙、脳卒中後後遺症、皮膚症状、嘔気嘔吐、耳鳴り、難聴、逆子、疳の虫などへの効果を認めている国もあり、世界で研究が進められています。
上記以外の疾患、症状以外もお気軽にご相談ください。

施術の流れ

1.問診

初診の方は30分~1時間前後、カウンセリングと体質・施術内容の説明をさせていただきます。2回目以降の方は前回からのお身体の経過や、当日の症状をお伺いします。

2.お着替え

重要なツボは膝から先、肘から先、お腹、背中と腰に多く集まっています。これらの部位がすぐ出せるような服装(めくりやすい素材や、ゆったりとしたシルエットなど)でしたらお着替えは不要ですが、施術着もご用意しております。
施術を開始してからお申込み分数の施術をしますので、急いでお着替えいただく必要はありません。足湯をしてからベッドに移動します。

3.施術

脈や舌の様子を確認させてもらい、施術開始です(常連さんだと開始まで5分程度です)。必要なツボのみに鍼を打ったり、お灸で温めたりします。うつ伏せだと特に、マスクをしていると息苦しく感じられることがありますので、そういう時は外してくださって構いません。
施術中お休みになられる方も多いです。お身体の向きを変える時などはお声がけしますので、リラックスしていてください。

4.施術終了後

生活面での改善方法や、次回ご来院の目安等をお伝えします。
施術後は巡りがかなりよくなっているので、すぐに素早く動こうとすると立ちくらみのような症状が出る場合があります。ゆっくり起き上がっていただき、お支度ものんびりで構いません。ハーブティーをお出ししているので、よろしければ召し上がってからお帰りください。

院長よりメッセージ

「鍼灸=痛み改善」というイメージが強いと思いますが、これは当たり前のこと。鍼灸師なら誰でもできます。私はその段階にとどまらず、症状を改善する、その状態を継続し再発を防止することをゴールとして、患者様と一緒に取り組んでいきたいと思っています。
そして最終的には、私と同じように気持ちまで滅入ってしまった方に「鍼灸に出会って体質が変わって前向きになれた」「自分の身体が好きになれた」と思ってもらえるよう、心を込めて施術しています。

出血・皮下出血について

 
吸玉

※吸玉の皮下出血例

鍼灸針の使用により、まれに出血及び皮下出血が見られることがあります。出血は鍼を抜いた直後に見られ、通常すぐに止まります。皮下出血は数㎜~ 1㎝程度の大きさのことが多いです。
 
嫌だな、と思われる方が多いのではと拝察しますが、出血や皮下出血は東洋医学的にも西洋医学的にも決して悪い現象ではありません。むしろ細胞の回復が促され、身体にとってはプラスに働きます。
健康で柔軟性に富んだ血管は簡単には傷つきませんが、組織の弱っている血管は破れてしまいます。東洋医学ではこの皮下出血は「過剰な血液が出てきた」と捉えられ、中国や韓国ではデトックス作用を目で確かめられるので喜ばれる現象です。数日~ 2週間ほどで元より強い血管や組織に生まれ変わり、施術を重ねていくと出血しにくくなっていきます。
 
出血や皮下出血は東洋医学でいう実証タイプの方(滞りが起きやすい方)、栄養の偏っている方、運動不足の方、タバコを吸われる方、高血圧の方、甘味や炭水化物を多く召し上がる方、血液をサラサラにする作用のある薬を服用している方などは出血が起こりやすいです。
 
鍼を打った部位は過剰に触ったり揉んだりしないことで、皮下出血の可能性を減らすことができます。
 
 

患者様へのお願い

 
まれに施術後ぼ~っとするなど「好転反応」がみられることがありますので、お時間に余裕のある日のご来院をおすすめします。
当日は激しい運動や長風呂、多量の飲酒や刺激の強いお食事はお控えください。
妊娠中の方、血管がもろくなりやすいご病気の方、血液が固まりにくいご病気の方、血液をサラサラにするお薬を飲んでいる方、糖尿病など感覚神経に変調をきたしやすいご病気の方、お肌の痒みが出やすい方、アルコール消毒でかぶれる方、お灸の煙が苦手な方は事前にお知らせください。使用する道具を変更するなどして対応いたします。