事前予約制のプライベート空間

TEL.050-3702-2750(月〜土曜日:11~17時  日・祝定休)   
(月〜土曜日:11~17時  日・祝定休)
 鍼灸サロン 小さなオアシス  TEL.050-3702-2750

妊活鍼灸コース

(不妊・不育症・子宮活)

妊活鍼灸コース

(不妊・二人目不妊・不育症)

HOME | 目的別コース | 妊活鍼灸コース(不妊・二人目不妊・不育症)

妊活鍼灸コースについて

 
妊活コース
鍼灸は自然妊娠、人工授精、体外受精、顕微授精の妊娠率を 1520%上昇させるという研究結果が国内外にあります。
マサチューセッツ州の高度生殖医療施設である「ボストン IVF」の研究では、 3050%のカップルが鍼灸と高度生殖医療を併用し、鍼灸を利用しているカップルは妊娠率 54.3%、利用していないカップルの妊娠率は 33.4%だったといいます。
本コースは妊活に取り組まれている方限定で、「妊活鍼灸」+「カッサ」+「妊活整体」をセットにしています。
また、現在服用している医薬品に妊娠中に使用できないものがあり、妊娠に向けてやめたい薬がある方もご相談ください。
 
当院では初診時にまずしっかりと問診を行い、生来の体質と、現在患者様の置かれている状況をきちんと理解・分析します。そうすることで西洋医学的には「原因不明」の場合でも、東洋医学では「足りない要素があるとしたら何なのか」、また、「過剰になっている部分は無いか」が見えてきます。そのうえで「カッサで排毒してあげた方が良い」「整体で血の巡りを良くしたい」などそれぞれのメニューの配分を提案します。
 
産婦人科で不妊治療を受けておられる方は、これまでの経過をお聞きします。検査結果や処方されたお薬などがありましたら参考にさせて頂きます。
自然妊娠をご希望の方は労力とお金の無駄にならないよう、事前に産婦人科での検査をお願い致します。項目は①子宮卵管造営検査、②卵胞チェック、③ヒューナーテスト、④精液検査、⑤子宮内膜症・子宮筋腫・ポリープの有無 詳細はブログをご覧ください。
 
以前の勤務先でのお話しです。不妊治療中の患者様で、医師に「 D3値が低いから体質改善しなきゃね」と言われたものの具体的に何をすればいいかは教えてもらえなかった、と話してくださった方がいました。こういう方にこそ東洋医学の体質分析や、鍼灸の調和をとる作用が役に立つと思っています。
 
なお、下記の時間制チケットはパートナー様とのシェアも可能です。

施術料金について 90分:12,000円(税込)

●口コミをお帰り前に投稿していただいた方には、その場で最大3000円引き致します。
詳細はブログ記事をご覧ください。
●誕生月は何回ご来院いただいても、その都度1000円引です。
●上記割引併用可能

各メニューの特性

 
●妊活鍼灸
体質を見極め滞りやすい方は巡りを良くすることで、反対に弱りが出ている方には元気を補うことで、妊娠に適した体質への改善を目指します。体質が改善されると、ホルモンバランスや月経周期が整う、良質な卵子が育つ、着床しやすい内膜になる、疲労やストレスを緩和するなど、結果として良い方向に繋がっていきます。月経周期との兼ね合い、産婦人科での不妊治療の方法・段階なども勘案し施術します。
院長が勉強させてもらった妊活専門の鍼灸院では妊娠率70%を超えており、許可を得てその方式やデータを利用させてもらっています。

 
●カッサ
カッサとは滞り(特に血液の滞留)を解消するための道具です。お身体に溜まっている老廃物やストレスを緩和し詰まりを除くことで、子宮をはじめ全身に栄養が行き渡ります。
健康的で若々しい子宮の維持には酸素や栄養が必須ですし、ご懐妊後も赤ちゃんにとって居心地の良い子宮にもなります。
そしてお腹の赤ちゃんに栄養を届けてあげられるのはお母さんの血液のみです。お腹周りを中心に全身に血流が行き届くことが大切です。
冷え体質の方には温めたカッサを使用することもあります。

 
●妊活整体
骨盤周りの筋肉の働きを助け、血流を維持しやすくするために行う整体です。
不妊でお困りの方は、肩凝り、便秘、腰痛、冷えなどの症状を併せ持つことが多いと感じます。また、呼吸が浅い方、血液循環が良くない方が多く見受けられます。
妊娠出産には酸素や血液、体力など平時以上に必要になりますので、赤ちゃんは心身に余力のある女性のところに来てくれます。既にお困りの症状がある場合や、自覚症状は無くても酸素が足りないお身体、血液が足りていないお身体では、母体の生命維持が優先されやすいことをご理解ください。

 
 

 
 
  

皮下出血について

 
瘀血を取り除くための施術ですので、施術部位に一時的にカッサの痕が出ます。毒素の多い場所には濃い赤紫色で少ない所にはピンク色が、また、背中・肩は特に痕が現れやすく、腕やふくらはぎの痕はついたとしても短期間で消えやすいです。見た目は痛々しいですが触っても痛みはありません。とは言ってもご心配な患者様もおいでなのではと拝察しますので説明致します。
出血や皮下出血は決して悪いことではなく、むしろ細胞の回復が促され、身体にとってはプラスに働きます。健康で柔軟性に富んだ血管は簡単には傷つきませんが、組織の弱っている血管は破れてしまいます。東洋医学ではこの皮下出血は「過剰な血液が出てきた」と捉えられ、中国や韓国ではデトックス作用を目で確かめられるので喜ばれる現象です。痕の色は赤・紫→茶→元のお肌の色と変遷していき、数日~2週間ほどで元より強い血管や組織に生まれ変わり、施術を重ねていくと出血しにくくなっていきます。
東洋医学でいう実証タイプの方(滞りが起きやすい方)、栄養の偏っている方、運動不足の方、タバコを吸われる方、高血圧の方、甘味や炭水化物を多く召し上がる方、血液をサラサラにする作用のある薬を服用している方、などは出血が起こりやすいです。ご心配な方は、衣服で隠れやすい部分からスタートされるのも良いかと思います。
どうしても皮下出血したくない方には無痕カッサを使ってソフトに施術しますのでおっしゃってください。ただし、その場合でも内出血を100%起きないようにする保証はできませんし、デトックス効果は劣ってしまうことをご承知おきください。
 
 

患者様へのお願い

 
まれに、施術後頭がぼ~っとする、ちょっと疲れた感じがするなど「好転反応」がみられることがありますので、お時間に余裕のある日のご来院をおすすめします。
当日は激しい運動や長風呂、多量の飲酒や刺激の強いお食事はお控えください。
アルコール消毒でかぶれる方、お灸の煙が苦手な方、血管がもろくなりやすいご病気の方、血液が固まりにくいご病気の方、血液をサラサラにするお薬を飲んでいる方、糖尿病など感覚神経に変調をきたしやすいご病気の方、お肌の痒みが出やすい方、マッサージ剤でお肌に異常が出たことがある方は事前にお知らせください。使用する道具を変更するなどして対応いたします。
カッサはデトックス(排出)作用があるので、人工授精・体外受精後の方、妊娠の可能性がある方には行いません。

施術の流れ

1.問診

初診の方は1時間前後の問診と説明をさせていただきます。2回目以降の方は前回からのお身体の経過や、当日の症状をお伺いします。
こちらは鍼灸とカッサ、妊活整体のコースとなっていますが、症状によってはメニューの一部変更や省略を提案させていただくこともあります。例えばに冷えが深刻な方にはカッサの代わりにハーブ蒸しを提案したり、人工授精直後の方やひどく疲れている方にはカッサを省略したり、ということが考えられます。

2.お着替え

施術着にお着替えをしていただきます。施術開始からお申込み分数の施術をしますので、急いでお着替えいただく必要はありません。

3.施術

脈や舌の様子を確認させてもらい、施術開始です(常連さんだと開始まで5分程度です)。
妊活整体で身体がほぐし呼吸を整えてから妊活鍼灸とカッサに取り掛かります。
鍼を効かせるために、打った鍼を数分~20分そのままにしておく時間があります。その間に他の部位にお灸やカッサの施術をしていきます。
施術中お休みになられる方も多いです。お身体の向きを変える時などはお声がけしますので、リラックスしていてください。うつ伏せだと特に、マスクをしていると息苦しく感じられることがありますので、そういう時は外してくださって構いません。

4.施術終了後

生活面での改善方法や、次回ご来院の目安等をお伝えします。
施術後は巡りがかなりよくなっているので、すぐに素早く動こうとすると立ちくらみのような症状が出る場合があります。ゆっくり起き上がっていただき、お支度ものんびりで構いません。ハーブティーをお出ししているので、よろしければ召し上がってからお帰りください。

院長よりメッセージ

私は 20歳の時、無排卵症の診断を受けました。将来子どもが欲しいという気持ちがあったのでショックでした。産婦人科に数か月通院しましたが治らず、「まだ若いし数年後また診察を受けて」と言われました。「薬の副作用はなんだったんだ」「子ども産めるのかな」という辛い気持ちだけが残りました。
その後アトピーで鍼灸院に通い、気付かないうちに無排卵症も治っていました。全身を良い状態に導く東洋医学で妊活中の方を支えたいです。